双極性障害の症状をチェックしよう|バラバラの気持ちを整える

先生

病を早期発見する

ドクター

調べる価値

双極性障害は大うつ病とは異なる病であり、一般的なうつ病とは異なる治療を施す必要があります。そのためにも両者を立て分けた上で治療を進めなければいけません。双極性障害にかかっている患者さんの中には自身を病気だと捉えない方が存在しています。こうした病はうつ状態の他に躁状態は気分が平常化する時期も迎えますので、病として見極めが難しいのです。特に躁状態にある時は人生に対して前向きになるだけでなく人間関係にも活発になります。しかしそうした状態を放置していた場合、段々他人に対して支離滅裂な言葉を投げかけるようになったり、後先考えない行動でミスを犯すようになるのが特徴的です。知り合いが双極性障害にかかっているかもしれないと考えた場合、さり気なくチェックしてみましょう。このような病にかかった人は必ず欝状態になる時期を迎えますので、そうした点でチェックすると良いでしょう。また躁状態にある時も自己過信や慢心が見られたり睡眠状態が極度に減少するなど異常な状態が発見できます。自分自身に双極性障害の疑いを覚えた場合は、インターネットや本にあるチェックシートを使って調べると良いでしょう。いくつかの項目に答えるだけで自身が病気に該当するかどうか分かります。

ケアの方法

双極性障害は気分障害の中でも再発率の高い病気です。一度完治したと思っても通院を取りやめずに継続する事が大切です。特に完治後に社会復帰する場合、環境の変化の中で症状が再発する可能性がありますから、しばらくは医師と二人三脚で仕事に戻る努力を行ないましょう。社会復帰した後も状態に違和感を覚えた場合、定期的にチェックシートで自身を客観視する事が大切です。双極性障害の治療には認知行動療法を用いる事がありますが、自分の精神状態は病気が作り出しているものなのだと認識するのは治療にとって有効な手段なのです。また双極性障害は自殺者を出すケースも多い病ですから、自殺予防を行なう事が欠かせません。こうした病を発症した場合、できるだけ周囲の人達のケアを受けられるように病気について話しましょう。特に双極性障害のせいで仕事や日常的な家事が行えなくなっている場合、家族の手を借りて生活する必要があるのです。鬱状態が出ている場合は食欲不振も発症しますのでコンスタントに料理を作ってもらって十分な栄養を摂取しましょう。また希死念虜が高い際は身近な場所から刃物を取り除くだけでなく、カウンセリングに通ってケアを受ける事が大切です。