双極性障害の症状をチェックしよう|バラバラの気持ちを整える

先生

適切な治療を開始するまで

下を向く男性

病を認識する

双極性障害にかかった場合、それを病気として認識するのは難しいものです。こうした病気は躁状態が出ている際にエネルギッシュになりますので、ネガティブには捉えられないのです。自身が双極性障害かどうかチェックしたい場合、世間で言われている双極性障害の特徴とすり合わせるようにしましょう。例えば双極性障害で躁状態に陥っている場合、睡眠時間が極端に減ると言われています。あまり眠っていないのにエネルギッシュな日常が成り立っている際は注意しましょう。他にもギャンブルや散財などお金の使い方が荒くなってしまう方が存在しています。後先考えずこうした行動をとるのも双極性障害の特徴ですからチェックが欠かせません。お金を使用しないとしても、会社で達成できない仕事を次々に立ち上げたり人間関係でトラブルを起こしていないかチェックしてみましょう。欝状態に陥っている際には大うつ病と同じように関心や気力の低下等が見られます。双極性障害は大うつ症とは異なる治療が必要になる病気です。再発率と自殺率の高さが問題になってもいますから、早期に治療に取り掛かる必要があります。そのためにも自身の状態をきちんとチェックして適切な治療を受けられるように努力しましょう。

正確な診断

双極性障害にかかった場合まずは病院に足を運ぶ事になりますが、うつ状態の時に診断された場合適切に双極性障害だと認識されない可能性があります。こうした事態を免れるためにも日常的に自身の状態をチェックし、病院できちんと伝えるようにしましょう。双極性障害と大うつ病では行なうべき治療が異なりますので、適切な方法で症状を抑えるためにも誤診は避けなければいけません。自身に双極性障害の疑いがあるけれど病院では正しく診断されていないと感じる場合、別の医師の下に足を運んでセカンドオピニオンを受けてみましょう。また自分以外の双極性障害の患者さんを病院に連れて行くのは難しいものです。躁状態になっている際は仕事も人間関係も前向きになりますからそれを「病気」とは認識できないのです。正しく本人の状態を理解してもらいたい場合、双極性障害のチェックシートを利用すると良いでしょう。また欝状態に陥っている際に病院に連れて行く事も大切です。このような時にじかに病名を告げると反発される場合、病院に行けば気分が楽になる薬を処方してもらえると伝えて通院を促しましょう。双極性障害の中にもいくつかの種類がありますので、病院に行って適切な診断をしてもらいましょう。